すとぅるるるのアニメ日和 (ミラー)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

GOSICK 1話

 


◆GOSICK 1話






すとぅるるるのアニメ日和




今期新作の中で今のところ唯一1話完結じゃあありませんでした。




今のところ推理モノという印象が強いのですが…実際どうなんですかね?


原作未読、下調べも一切なしです。




この国では日本人の容姿が恐れられるようですね。


というよりは異国の人間を恐れているのかもしれませんが。


主人公久城一弥は成績優秀、真面目な少年のようです。




クラスに馴染めない一弥を思って本で共通の話題をつくることを勧める先生は


なかなかに良い人ですね(*´ω`*) ちょっと取っつきにくそうな感じではありましたがw




そして一弥とヴィクトリカの出会い。


逃げ出した理由はよくわかりませんが、ヴィクトリカの独特の雰囲気が怖かったのかもw


人形に占われたーー!っていうのは理由になるのだろうか…w






すとぅるるるのアニメ日和




突然現れたグレヴィールにより、ヴィクトリカの推理が始まります。




その内容は、完全密室の部屋にいる占い師が何者かによって


左目を打ち抜かれたとのこと。




ほとんどそれ以外の内容は話されなかったのに


すぐに納得のいく推理をしてしまうヴィクトリカはすごい!


けど、このグレヴィールとかいう警部はプライドとかないのか?w


子どもに推理してもらって事件解決なんてかっこわるすぎるじゃなイカw






すとぅるるるのアニメ日和




ヴィクトリカの推理の結果、犯人はメイドだということが発覚。


しかもその犯行の内容まで当ててしまいました。




メイドが鍵を打った時に「これでばあさん殺しちゃったんじゃないだろうなw」とか


思っていたらそれがマジだったww メイドの計画的犯行だとは全く思いませんでしたけどねw


むしろ誤って殺しちゃったのかと思いましたよ(´∀`;)






すとぅるるるのアニメ日和




事件は解決。しかしその手柄はヴィクトリカではなく


グレヴィールに向けられました。


不満に思った一弥によって、グレヴィールと共にヨットに乗ることになるのですが


ヴィクトリカはそれ以上に外に出られることの方が嬉しかったようです。




ヴィクトリカの外出許可をグレヴィールが出さないといけないのは


何故なんでしょうね?そもそもヴィクトリカは許可がないと


外に出られない囚われの身なのか…?


この辺りはまだわかりませんが、とりあえずヴィクトリカが可愛い(*´ω`*)


旅行の準備から旅先での反応。可愛いじゃないかw


私もヴィクトリカのほっぺたぷにぷにしたいです。




そして再び事件発生。捕まっていたメイドが逃げ出したようです。


そこからグレヴィールは再び捜査に向かいますが


ヴィクトリカがヨットの中で見つけた案内状により、二人はその船へと向かいます。




…というところでエンド(ノД`)゜。゜


気になりすぎるところで終わらされてしまいましたorz




1話完結じゃないなんて全く思っていなかったので


EDに入った瞬間驚きましたね(´∀`;) でも次回がなかなかにおもしくなりそう。




今回の時点では、まだ話の雰囲気しかわかりませんでしたね。


今期の新作の中で最も話のテンポが早かったかも。




それでも良かったと思えるのはヴィクトリカのキャラでしょうね。


今後二人がどうなっていくのかすごく楽しみです♪






あと…最近悠木碧さんが好きすぎてたまらない(笑)






http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51707070.html
 

ハートキャッチプリキュア 46話

 


◆ハートキャッチプリキュア 46話




※わかりやすくするため、キャプ画像の順番を変えています。




すとぅるるるのアニメ日和




タイトル通りクモジャキーとコブラージャ、お別れ回です(´・ω・`)




でも直接2人と戦うのはマリンとサンシャインだけのようです。


その間にブロッサムとムーンライトは薫子さんを助けにいくことになりました。






すとぅるるるのアニメ日和




そして今回、格好良すぎるのはマリンでしょう!


普段は間抜けな戦い方で視聴者の癒し的な存在だったわけですが


今回はうってかわって思いっきりバトルしてました!


しかも間でクモジャキーにかける言葉がイイ(ノД`)゜。゜


元々好きなマリンですが、さらに好きになれましたね!




マリンのために体を張るコフレの姿にも感動しましたが


その後のマリンの言葉にさらに感動しましたね(ρ_; )


見ていない方はぜひ、生でマリンのセリフを全て聞くべしっ!w




アクションも素敵でした!特別丁寧な作画というわけでは


ありませんでしたが、止め絵はしっかりしていたので


キャプを見る限りでは最高の出来!


マリンの動きにここまで惚れたのは初めてですぅ(*´ω`*)w




足は…格好いいという面でもスバラシイヽ(゚∀゚)ノ


やっぱ白ニーソたまらんです!w






すとぅるるるのアニメ日和




ついにクモジャキー浄化。 マリンとの会話により


自分の間違いには気付いたようですね。


でもクモジャキーにとってしなくてはならないことは


砂漠の使徒としてプリキュアと戦うこと。


それもわかっているからこそ、最後まで戦う気持ちを曲げられなかったんでしょうね。






すとぅるるるのアニメ日和




マリンがクモジャキーと戦っているのと同時にサンシャインも戦っていました。


対するはコブラージャ。まさに美しい者対決ですね!w




でもこのサンシャインのバトルはいまいちマリンのように燃えなかったですねぇ。


多分その方が作画が楽なんだろうけど、サンフラワーイージスが多用されすぎて


バトルにおもしろみがない(´∀`;) 同じ事の繰り返しなんですよね。


もしこれがサンシャイン単独の活躍の最後の場だとすれば


もうちょっと頑張って欲しかったですね。 サンシャイン誕生の時に


馬越さんの作画でトンデモナイバトルを見せられているからなあ(´・ω・`)


どうしてもそれと比べてしまいますねw




でもサンシャインとコブラージャのやりとりはもちろん良かったです。


コブラージャは心の美しさに気付くのが遅すぎたんですね。


自らその事実を語るコブラさんはどこか悲しげでしたね(ノД`)゜。゜




「あでゅーーー!!」には吹きましたがww




すとぅるるるのアニメ日和




とらわれの身である薫子さんは結構強気!?w


一瞬辛そうな顔しましたが、その後のサバークとの会話は


かなり強気にみえましたw 




ダークプリキュアとはやはりムーンライトが戦うようですね。


このバトルこそは…馬越さんかもーん!ww


というか次回以降の話は全て馬越さんに作監やってほしいところw


そんなことできるわけないんですけどね(´ω`)




薫子さんはサバークの正体を知っているようですね。


おそらく普通にゆりの父親としても面識があるだろうから


何かわかるきっかけのようなものがあったんでしょうね。


それがダークさんとムーンライトが似ているっていうことだけなのかもしれませんが。




そしてイケメンコッペさま&ブロッサムにより薫子さん救出!


白くなってたボスナッキー…なんか見覚えがあるようなwww




すとぅるるるのアニメ日和




次回、これは一体ダレーー(笑)


プリキュアのネタバレ予告にもそろそろ慣れてきたぞ(`・ω・´)w
















最後に。クモジャキーとコブラージャの浄化後の話は


全くありませんでしたね。 作画はサソリーナの時より格段に良くなっていたのですが


どうも幹部たちの最後が物足りないような気がします(´∀`;)


特に、今回マリン対クモジャキー戦とサンシャイン対コブラージャ戦のクオリティの差が


かなりあったように思います。 マリンは良かったのですが、どうしても


サンシャインが付け足し、というかただマリンと同じような事をしている


という感じになっていたのはちょっと残念でしたね。


話数に余裕があれば、やはり2人を別々の話で浄化してほしかったです。


そうすれば心の花の持ち主の姿も出せたかもしれません。


私の中で、クモジャキーは努力家の格闘家で…コブラージャは売れないアイドル…的な


妄想をかなり膨らませていたんですけどねw(妄想で記事を一つ作れそうなぐらいww




最終話にまだ何かあるのならもう何も文句はありません!w


なんだかんだで次回も相当楽しみですヽ(゚∀゚)ノww








http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51551770.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51707693.html
 

夢喰いメリー 1話

 


◆夢喰いメリー 1話






すとぅるるるのアニメ日和




今期の中で結構期待している作品です。




山内さんの絵コンテは顔のアップが多いと有名ですが…


メリーではへそが多用されていましたね!w





藤原夢路の今夜みる夢を予想することができる能力は


今後メリーのために役立てるんですかね?


普通に生きているうちでは全く役に立たなさそうな能力ですが(´∀`;)




メリーとの出会いはよくある感じでしたw


とりあえず、メリーが可愛いですね(*´ω`*)





すとぅるるるのアニメ日和




眠っていないはずなのに突如夢の世界に来てしまった夢路。


そこに現れたジョン・ドゥにより器にされかけますが、メリーによって助けられます。




器というのは夢魔という夢の中(=幻界?)に生きる者が


現実に来るために必要な体のことだそうです。


メリーはそれをなしに現実(=現界?)に来てしまっているから、


普通の夢魔とは違うんでしょうね。他の夢魔が造り出した世界にも入り込めるようですし。




そしてこのメリーですが、こっちの世界に来る前の記憶がないようです。


これにも理由があるのかもしれませんが、その辺りは最終回近くになりそうですね。




そしてジョン・ドゥとメリーのバトル開始ヽ(゚∀゚)ノ






すとぅるるるのアニメ日和




キャシャーンのような戦闘シーンを期待していましたが、違いましたね。

部分的にキャシャーンを連想するようなところもありましたが。




でも良い意味で違ったような気がします。あんまり他では見たことのないアクション。


手首足首のアップが多かったような気がします。(ヘタなのでキャプは断念w)


音楽の使い方も良かったですね。まさに音楽に合わせてバトルしている、と言う感じ。


そして実感、このアニメはアクションの要素もあったのね!とww




勝負には勝ったメリーですが、ジョン・ドゥはメリーを幻界に連れ帰ってはくれませんでした。


ジョン・ドゥはメリーが普通の夢魔ではないことに気付いたみたいですね。


気付いた、というより知っていたのかもしれませんが。





すとぅるるるのアニメ日和




現界に戻った夢路。そこにはメリーもいました。


次回からはメリーが幻界に帰るための話ですかね?

それに夢路の能力がどう役立つのか。楽しみです。



夢路がメリーが去っていくのを止めたのには何か理由がありそうな気もします。


メリーが戦っているとき、何度もメリーの名をリピートしていました。


もしかするとメリーの名に覚えがあるのかもしれないですね。




今回、ジョン・ドゥは夢路を器にしようとしていました。


きっと夢路の特殊な能力が目的なのでしょう。


となると今後も夢路は夢魔に狙われ続けるのかも。




そして公式を見て知りました。秋谷智子さんの名前があるではないですか!


メリーは山内重保さんが監督な上、久々に秋谷さんのレギュラー出演!


作画にキャシャーンのスタッフが目立ったのも嬉しいところ(^ω^)


アクションだけでも十分楽しめそうですが話の方も頑張って欲しいですね。






 

魔法少女まどか☆マギカ 1話

 


◆魔法少女まどか☆マギカ 1話






すとぅるるるのアニメ日和





冒頭はまどかの夢からはじまりました。




この世界はキュゥべえ(打ちにくいw)の言う「滅び」の状態なのでしょう。


こんな世界を変えることができるのは君だと言われ、


まどかがどう返事をするか…というところで目が覚めます。




この冒頭にはまず、驚きましたね。


タイトルと絵柄からしてこんな内容のものだと思っていなかったw


演出は完全にシャフトって感じですね。






すとぅるるるのアニメ日和






夢の中で戦っていた少女・暁美ほむらが転校生として


まどかのクラスにやってきました。


しかも彼女の記憶の中にまどかが存在するようです。




そんなほむらが言った「今の自分から変わる必要はない」という言葉。


これは魔法少女として戦う道を選ばなくてもいい、ということでしょう。


きっと彼女自身がそれによって何かを失ったのだろうけど…まだわかりませんね。


ほむらの過去が早く知りたいです。







すとぅるるるのアニメ日和





どこからともなく聞こえてくる声の方向にまどかが進んでいくと


そこには傷ついたキュゥべえ(打ちにくいww)がいました。


キュゥべえを傷つけたのはほむらのようです。


何らかの理由があるのでしょうけど、今の時点では


完全にほむらが悪役のような描かれ方でしたね。




そして突如異空間へ。この演出がまた、目を引きますね。


ひげの生物はなかなかに気味が悪かったですが(´∀`;)




まどかとさやかのピンチに現れたのはマミ。


この人も魔法少女のようです。






すとぅるるるのアニメ日和




変身シーンはお花が散ったりして可愛らしい感じでしたね。


が、攻撃方法はそんなイメージと一変ww ものすごい数の銃で


ひげの生物を瞬殺してしまいましたヽ(゚∀゚)ノ




ほむらとマミは今のところ敵対しているみたいですね。


同じ魔法少女同士なのに…なぜなんでしょうか。




そしてキュゥべえの「契約しよう」の言葉。


どこぞのイマジンだと突っ込みたくなりましたねww


「おまえの望みをかなえてやr(以下略w」



こんなセリフを吐かれてしまってはキュゥべえがどんなに可愛らしい顔で


笑っていてもなんか怖いですねw 本当の黒幕は…とか。さすがにそれはないですねw

(1話にしてこれは出すぎましたw




予想よりも遙かに良い1話でした。今後も楽しみ!




 

ハートキャッチプリキュア 45話

 


◆ハートキャッチプリキュア 45話






すとぅるるるのアニメ日和




薫子さんが連れ去られた上にデューンが力を取り戻してしまいました。


力を取り戻す前のデューンにすらかなわなかったプリキュアたち…


これは最終決戦がすごいことになりそうですね。




デューンは力を取り戻すといってもまがまがしい姿になるわけではなく、


ちょっと大人になりましたね。確かにこの方が大きいお姉様たちにはうけそうだw


(ショタ好きには前の方がいいかww




そしてこころの大樹もデューンの力により枯らされてしまいます。


でも、実はまだ完全にはかれていないとのこと。






すとぅるるるのアニメ日和




砂漠化した世界を見、つぼみたちは絶望しかけます。


この世界では砂漠化した世界を見て絶望してしまった人たちは


クリスタルになってしまうようで、ほとんどの人がクリスタルになっていました。


そんな中で無事だったのはかつてプリキュアに助けられた者たち。


どうやらプリキュアに一度助けられると心が強くなるみたいです。


懐かしい面々がそろっていました。 




そしてつぼみは希望を失いかけていた自分の心に堪忍袋の尾が切れましたw


もし番くんがプリキュアの名言とか集めていたら正体がバレていたでしょうねw


というより、今回のつぼみたちがみんなを植物園に誘導し、自分たちは外に残るという行動。


もしかするともう既に正体はバレているのかもしれないですね。




すとぅるるるのアニメ日和




デザートデビルを倒すべく、今回も妖精たちがマントになりました。


しかしマリンの戦い方はダサダサですね(´∀`;)


結果オーライだから問題ないんだろうけどw




建物を破壊するのもどうかとおもうw


中に人が残っていない事を祈りますww




すとぅるるるのアニメ日和




ここからはコッペ様無双!!ww


長年の付き合いからか、コッペ様は薫子さんの居場所がわかるみたいです。




個人的にえりかが腕を組んでコッペさまの後ろに


座っている様子がお気に入りです(*´ω`*)




スナッキーを一掃する姿は男前かつ恐ろしかったですw


ほんと子ども達はどんなふうにコッペ様をみているのやらw


なんかラストバトルにもコッペ様活躍の枠があるように思えてきました。


次週は休み…(´・ω・`)しばらくアニメの感想書くことがなくなりそうですorz






http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51674977.html
プロフィール

すとぅるるる!!

Author:すとぅるるる!!
訪問ありがとうございます(^ω^)当ブログは本家すとぅるるるのアニメ日和のミラーサイトです。ライブドアブログなどのアメーバからトラックバックを送信できないブログサイト様にトラックバックを送信するためにつくりました。ライブドアブログ以外のサイト様からのトラックバックも大歓迎です♪ ※本家からデータを引っ越しさせる際、コメントは消去させていただきましたがトラックバックはそのまま残させて頂いております。



最新コメント




検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。